ABOUT PROJECT
ocr_system

物流会社 OCR検品システム開発

貨物情報の読み取りアプリ化による検品時の誤りを大幅削減
background and purpose
導入の背景と目的

某物流会社では、積荷の検品時に貨物の情報を用紙に記載することで検品を行なっていた。
しかし、記載時の誤りや記載漏れ等の問題があったため、作業における正確性の向上を目的とした、検品作業の最適化が求められていた。
そこで、Google Cloud Vision APIを使った文字認識やバーコードの読み取り機能を利用したスマートフォンアプリの開発を得意としているアジアクエストがシステム開発を担当することとなった。

BRAND EXPERIENCE
導入による効果

Android端末のカメラから撮影した画像をGoogle Cloud Vision APIに送信後、返り値とデータベースの情報から一致率を算出し、 一致率の高い項目を作業者に提示することで、検品作業時のヒューマンエラーの可能性を抑えることができた。 また、バーコード読み取り機能にも対応することで、バーコードによる検品も可能となり、様々な運用方法に対応することができた。
貨物情報の管理はWEBアプリケーションで登録・編集を行うことができ、管理コストの削減につながった。

OUTLOOK FOR THE FUTURE
今後の展望

今後は、基幹システムとの連携や、同様のシステムを他企業へ横展開化することを目指している。