【参加費無料】ウェビナー『AQW2021 リブートDXシリーズ Vol.1:観光産業のリブートDX展望(宿泊編)』を7/14に開催します

IoT、AI等のデジタル技術を活用して企業のデジタルトランスフォーメーション(以下、DX)を支援するアジアクエスト株式会社(本社所在地: 東京都千代田区飯田橋 代表取締役: 桃井純 以下、アジアクエスト)は7月14日(水)にウェビナー『AQW2021 リブートDXシリーズ Vol.1:観光産業のリブートDX展望(宿泊編)』を開催します。
申し込みフォーム ⇒ https://www.asia-quest.jp/aqw/aqw-20210714/ ‎

■宿泊業界のDXの現在地と再起動(リブート)の形を考察する

ワクチン接種が世界的にようやく進み、日本ではオリンピックも開催準備に入りました。すべてが万端とは言えませんが、世界は少しずつ、確実に経済再起動(リブート)を始め、「アフターコロナ」の世界に向けて確実に進み始めています。そして、このリブートを牽引していくのは間違いなくデジタル技術によるサービス価値の変革、すなわちDXであることを疑う余地はありません。
AQW2021の下半期は、コロナ明けに確実にリブート、そしてリカバリーしていくと思われる、産業における近年のDXをおさらいしつつ、数年後に訪れる、DXがもたらす新しいスタンダードを考察していきます。
シリーズ第1回となる今回は、コロナ禍で最もダメージを受けた業界の一つである観光業から、宿泊産業をピックアップします。世界の宿泊業界は、コロナ前までどんなDXを進めていたのか?コロナ禍中でそれは停滞したのか?それとも進化したのか?そしてアフターコロナでは何が期待されているのか?宿泊業界を揺るがした民泊はまた、今後どうなっていくのだろうか?
アジアクエストおよびDX Navigator編集部が集めた情報を背景に、今後の宿泊業界のリブートDXを考察していきます。

 

■ウェビナー概要

コロナ禍の前後、宿泊業界で始まっていたDXをおさらいし、世界そして日本の宿泊業界の今後の展望と可能性、期待される技術などを「リブートDX」としてまとめ、紹介・解説していきます。

  • 名称:AQW2021 リブートDXシリーズ Vol.1:観光産業のリブートDX展望(宿泊編)
  • 日時:2021年7月14日(水) 10:00 – 11:00(Zoomにて動画配信)
  • お申込みURL: https://www.asia-quest.jp/aqw/aqw-20210714/

 

■アジェンダ

コロナ禍前までの宿泊DXおさらい:OTA、民泊、スマートロックなど
コロナ禍が生み出した新しいニーズ:非接触、人数制限、ワクチンパスポートなど
コロナからの再起動:今後の宿泊業界のDXの方向性展望
※内容は変更となる場合がございます。

【特典】
セミナーご参加後、アンケートにお答えいただいた皆様へ、当日使用した資料をお送りいたします。奮ってご参加ください。

 

■過去開催の様子

 

■登壇者プロフィール

アジアクエスト株式会社
執行役員CMO/DX戦略室室長
金澤 一央
大手GMS、インテグレータを経て、ネットイヤーグループ株式会社参画。同社戦略プランナー、プロデューサーを経てアナリシス&オプティマイゼーション事業部長 に就任。通算1,000件以上 のデジタル・マーケティング・プロジェクト(コンサルティング、制作開発、データ分析など)。2016年留学渡米に伴い同社フェローに就任。2019年にアジアクエスト株式会社DXフェロー兼DX Navigator編集長となり、その後、DX戦略室室長に就任。