AsiaQuest × yappli

共催ウェビナー
お客様主語の店舗DXとは?リアル店舗とスマホで実現する顧客体験

2021年5月20日(木)
共催ウェビナー開催

デジタルトランスフォーメーション(DX)支援を提唱するアジアクエスト が
株式会社Yappliウェビナーを共催しました。

共催ウェビナー『お客様主語の店舗DXとは? リアル店舗とスマホで実現する顧客体験』

お客様主語のDXとは何か

コロナ禍において急速に進んだ「店舗DX」の流れ。小売・飲食業のデジタル変革において、欠かせないポイントとは何でしょうか。国内外のDX事情に精通するアジアクエスト金澤より、様々なDX事例や企業が目指すべきDXの姿「徹底してお客様のペインを取り除き、お客様にとって新しい価値を提供すること」についての具体的な事例を踏まえたセッションと、ヤプリ島袋氏よりスマートフォンアプリで実現する店舗DXの事例をお伝えいたします。

リアル店舗の代わりとして、存在感を増すECをどのように構築し、
今の時代の消費者心理を捉え、購買へつなげるのか?
売り場として今まで以上に重要性が増す自社ECを
どのように考え展開していくかが、今後勝ち残るために大きな課題となります。

本ウェビナーでは、アフターコロナに向け今後ECをどう考え、
どのようなECを目指すべきか、
今後、勝ち残るため大手EC/競合他社と自社ECの差別化についてなど、
アフターコロナに考えるべき消費者の要望に応える次の時代に目指すべきECの考え方や、
国内外で取り組まれている新たなECの取り組みをご紹介いたします。

2021年5月20日(木)

10:00~11:00
オンライン配信(Zoom)
参加費 : 無料

※事前登録が必要です。

▪️ウェビナー概要

ECという購買体験が出現してから約20年、ECでの売り方は大手ECモールが牽引してきました。
しかし、コロナ禍によって急速にEC利用が一般化し、顧客がECに求める体験も多様化している現在、体験のプロデュースもまた多様化が求められています。
アフターコロナのECは単にものを売る便利さだけではなく、商品の価値に共感して決済・購入し、受け取って、利用するまでの一連のストーリーをいかにスムーズにデザインできるかが鍵であり、大手ECモールとの差別化にもなります。本講演では、EC購買ストーリーのプロデュース法について、国内外の事例を交えてご説明いたします。

▪️登壇者

アジアクエスト株式会社
執行役員CMO/DX戦略室室長
金澤 一央

大手GMS、インテグレータを経て、ネットイヤーグループ株式会社参画。同社戦略プランナー、プロデューサーを経てアナリシス&オプティマイゼーション事業部長 に就任。通算1,000件以上 のデジタル・マーケティング・プロジェクト(コンサルティング、制作開発、データ分析など)。2016年留学渡米に伴い同社フェローに就任。2019年よりアジアクエスト株式会社 DX推進室室長 兼DX Navigator編集長。

株式会社ヤプリ
マーケティングスペシャリスト
島袋 孝一

2004年パルコ入社。店舗リーシング・販促宣伝、経営企画室を経て、2013年よりデジタルマーケティングに従事。2016年キリン入社。グループ横断のデジタルマーケティング部にて、LINE公式アカウント、SNS運営に従事。2019年ヤプリにマーケティングスペシャリストとして参画。企業のオムニチャネル ・OMO支援を行う。 コロナ禍では、自社マーケティングのDXシフトを先導。数々のオンラインセミナーを企画・運営。予定調和に終わらないモデレートは、「ウェビナーの魔術師」とも形容される。日経COMEMO KOL、LinkedIn公式クリエイター。

▪️アジェンダ
  • 10:00~10:05 イントロダクション
  • 10:05~10:20 Session 1
    コロナ禍で覚醒した米国ドラッグストアのDX
    アジアクエスト株式会社 CMO兼DX戦略室長
    金澤 一央
  • 10:25~10:40 Session 2
    スマホアプリで実現する店舗DXとは?
    株式会社ヤプリ マーケティングスペシャリスト
    島袋 孝一 氏
  • 10:40~10:55 Session 3
    金澤 × 島袋氏「お客様主語の店舗DXとは?」
    視聴者からの質疑応答

2021年5月20日(木)

10:00~11:00
オンライン配信(Zoom)
参加費 : 無料

※事前登録が必要です。