アジアクエスト、SBI AntWorks Asiaと統合オートメーションプラットフォームの販売提携を開始

IoT、AI等のデジタル技術を活用して企業のデジタルトランスフォーメーション(以下、DX)を支援するアジアクエスト株式会社(本社所在地: 東京都千代田区飯田橋 代表取締役: 桃井純 以下、アジアクエスト)は、統合オートメーション プラットフォーム「ANTstein SQUARE」を日本国内向けに販売するSBI AntWorks Asia株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:横山宏明)と販売契約に合意をしたことを発表いたします。

■コンサルティングから導入後の保守サポートまで柔軟に対応
アジアクエストはこの度SBI AntWorks Asia株式会社と、統合オートメーション プラットフォーム「ANTstein SQUARE」の販売契約に合意しました。
SBI AntWorks Asia株式会社が提供する「ANTstein SQUARE」は、統合オートメーション プラットフォームとして、業務自動化を実現する「QueenBOT RPA」、AIの活用によって自動化の対象としてふさわしい業務を見つけ出す「Process Discovery」(プロセスディスカバリー)、AIの機能でドキュメントからデータを読み取りデジタル化する「Cognitive Machine Reading」(コグニティブ マシン リーディング)のような様々なプロダクトで構成されます。

SBI AntWorks Asia株式会社が提供する統合オートメーション プラットフォーム「ANTstein SQUARE」と、アジアクエストのITコンサルティング及びシステム開発の技術により、お客様の業務の自動化に関するコンサルティングからロボット開発、導入後の保守サポートまで柔軟に提供できるようになりました。

本提携の発表に際して、弊社代表の桃井 純は下記のコメントを寄せています。
「ANTstein SQUAREが提供する総合的なオートメーション技術は日本のDXを加速させる大きな可能性を秘めており、業務自動化分野を次のステージに導いてくれると確信しています。SBI AntWorks Asia社という革新的かつ心強いパートナーとともに、より確かな実現力に裏打ちされたデジタルインテグレーターとして、アジアクエストはDXに挑戦する全ての企業のために、さらなる価値をご提供してまいります」

■アジアクエスト株式会社について
アジアクエストは、企業のDXを支援する「デジタルインテグレーター」です。通常のシステムインテグレーションだけではなく、お客様のDXを共に考えるコンサルティングから、DXに必要なデジタルテクノロジーを駆使したシステムの設計、開発、運用までを一貫して請け負います。
IoT、AI、Cloud、Mobile、Web、UI/UXの各デジタル分野の専門テクノロジーチームを有し、お客様のゴールに向けて最適なプロジェクトチームを編成します。DXに関する豊富な知見と幅広い技術力により、ビジネスモデルの有効性や技術的な課題を検証する為のPoCの実施やデジタルに対応した大規模なシステムの構築まで、スピーディーな対応が可能です。

■SBI AntWorks Asia株式会社について
2015年に創立したシンガポールに拠点を持つAntWorks Pte.Ltd.は、シリーズAラウンドでSBIホールディングスから1,500万米ドルを調達し、米ソフトウェア業界団体SIIAの第43回CODiEアワードで「ベストAIドリブンテクノロジーソリューション」を受賞するなど、AIやRPAの分野で注目されているスタートアップ企業です。
SBI AntWorks Asia株式会社は、AntWorksとSBIネオファイナンシャルサービシーズ株式会社による合弁会社で、日本国内を中心として、AntWorks社の製品を販売しています。