ABOUT PROJECT

別府市AI-OCR開発

AI-OCRを活用したRPAでの自動処理の仕組みを作成
background and purpose
導入の背景と目的

別府市にて、職員の作業時間の大幅な縮減とRPAの対象としづらかった業務のRPA適用を進めるために、AI-OCRの実証運用を行いました。

RPAの導入では、RPAで扱える入力データの有無が職員の作業時間の縮減に大きな影響を与えます。RPAの入力データ作成用のツールとしてAI-OCRを活用することで、職員の作業時間の大幅な縮減と、RPAの対象としづらかった業務のRPA適用を進めるために、手入力した紙の帳票を管理していたところを、AI-OCRを使いRPAで自動処理する仕組みを作りました。

Role
役割

まずはAI-OCRで読み取る範囲を指定し、PDF化した紙の帳票をAI-OCRを実行してCSV化しました。そのCSVのデータをRPAで処理させ自動化します。

次に、PDF化した紙の帳票をAI-OCRを実行してCSV化する過程もRPAのシナリオに含め、自動化しました。

これにより、紙の帳票をPDFにした後、PDFからCSV、CSVから業務処理までの一連の流れを自動化する事に成功しました。AI-OCRの変換の精度の高さを実感いただきました。

Outlook for the future
今後の展望

さらにAI-OCRの変換精度を上げるため、デジタルファーストを目標とした「読み取りやすさ」も重視した新しい入力項目・様式を検討し、バックオフィスでの業務の自動化に加え、職員の時間・精神的な負担の削減に大きく貢献していくソリューションを提供していきたいと考えています。