AsiaQuest × S-cubism

共催ウェビナー
EC戦国時代に勝ち残る自社ECの考え方

2021年1月28日(木)
共催ウェビナー開催

デジタルトランスフォーメーション(DX)支援を提唱するアジアクエスト が
株式会社エスキュービズムとアフターコロナ時代のECに関するウェビナーを共催します。

共催ウェビナー『EC戦国時代に勝ち残る自社ECの考え方』

ECへの移行を加速した消費者を掴み、
自社ECで勝ち残る方法

コロナの影響で様々な変化が起こった2020年。
外出自粛によって多くの消費者がデジタル化を進め、
幅広い層の新たな利用者がECへ流入しました。
この変化に合わせ、自社ECのあり方も在来の計画から軌道修正する必要があります。

リアル店舗の代わりとして、存在感を増すECをどのように構築し、
今の時代の消費者心理を捉え、購買へつなげるのか?
売り場として今まで以上に重要性が増す自社ECを
どのように考え展開していくかが、今後勝ち残るために大きな課題となります。

本ウェビナーでは、アフターコロナに向け今後ECをどう考え、
どのようなECを目指すべきか、
今後、勝ち残るため大手EC/競合他社と自社ECの差別化についてなど、
アフターコロナに考えるべき消費者の要望に応える次の時代に目指すべきECの考え方や、
国内外で取り組まれている新たなECの取り組みをご紹介いたします。

2021年1月28日(木)

15:00~16:00
オンライン配信(Zoom)
参加費 : 無料

※事前登録が必要です。

▪️ウェビナー概要

ECという購買体験が出現してから約20年、ECでの売り方は大手ECモールが牽引してきました。
しかし、コロナ禍によって急速にEC利用が一般化し、顧客がECに求める体験も多様化している現在、体験のプロデュースもまた多様化が求められています。
アフターコロナのECは単にものを売る便利さだけではなく、商品の価値に共感して決済・購入し、受け取って、利用するまでの一連のストーリーをいかにスムーズにデザインできるかが鍵であり、大手ECモールとの差別化にもなります。本講演では、EC購買ストーリーのプロデュース法について、国内外の事例を交えてご説明いたします。

▪️登壇者
ストーリーのあるEC購買体験 –事例に見る訴求と購買の物語

アジアクエスト株式会社
執行役員CMO/DX戦略室室長
金澤 一央

大手GMS、インテグレータを経て、ネットイヤーグループ株式会社参画。同社戦略プランナー、プロデューサーを経てアナリシス&オプティマイゼーション事業部長 に就任。通算1,000件以上 のデジタル・マーケティング・プロジェクト(コンサルティング、制作開発、データ分析など)。2016年留学渡米に伴い同社フェローに就任。2019年よりアジアクエスト株式会社 DX推進室室長 兼DX Navigator編集長。

アフターコロナ EC進化論 〜多面性を持つべき自社EC~

株式会社エスキュービズム
ソリューションデザイン部部長
岩井 源太

大学生時にITベンチャーを起業。日本初のネットスーパーの設立運営等に携わる。その後、Webインテグレーションを提供するアンカーテクノロジー株式会社を経て、2011年エスキュービズムに参画。Webサイトおよび、Webを用いたコマーシャルプランニングコンテンツ戦略、SNS戦略等の企画立案、リテール事業領域でのDX活用推進など、マーケティング、戦略視点でのICT/IoT/Web/EC/DX活用を得意とする。

▪️このような方におすすめ
  • 自社ECサイトを強化したい方
  • ECで新たな一手を打ちたい方
  • 大手ECと自社ECの棲み分けをしたい方
  • これからECのリプレイスを検討している方
  • ECの現状を知りたい方

2021年1月28日(木)

15:00~16:00
オンライン配信(Zoom)
参加費 : 無料

※事前登録が必要です。

主催 アジアクエスト株式会社株式会社エスキュービズム
お問合せ 株式会社エスキュービズム セミナー事務局
E-mail:sc_seminar@s-cubism.jp
備考 ※Wi-Fi環境など高速通信が可能な電波の良い所でご視聴をお願いします。
※リアルタイム配信のみとなっており、録画視聴はできませんのでご了承ください。
※弊社の同業他社様など、場合によりお断りさせて頂く場合がございますのでご了承ください。

*お申込みの前に個人情報保護方針・プライバシーポリシーをご確認ください。
■ アジアクエスト株式会社 プライバシーポリシー https://www.asia-quest.jp/privacy/
■ 株式会社エスキュービズム プライバシーポリシー https://s-cubism.jp/company/policy.html