デジタルトランスフォーメーション概要

デジタルトランスフォーメーションとは?

デジタルトランスフォーメーション(Digital transformation:DX)とは、
我々の暮らしやビジネスのスタイルを
デジタル技術によってより良いものへと変えることです。

スマートフォンやインターネットが普及し、オンライン化の進む今日では、
24時間365日人々の生活がデジタルと切り離せなくなっています。

各企業のビジネスモデルにおいてDXを起こすことは、
マーケティング効果向上や業務の効率化/経費の削減だけでなく、
人々の価値変革を起こすことになると考えられています。

デジタルトランスフォーメーションの定義

デジタルトランスフォーメーション(DX)とは2004年にスウェーデンのUmeå University(ウメオ大学)のエリック・ストルターマン教授によって提唱された概念です。

一言で表すと生活やビジネスのスタイルをデジタル技術によって価値変革を起こすことです。
既存のビジネスの枠組みを覆し、より良いものへ変革を起こすことで、人々の生活をさらに豊かにします。

デジタル技術によって既存の価値提供プロセスが書き換わるのがDXですが、
どのようなデジタル技術がDXに必要かは一概には言えません。

それぞれのビジネスモデルに合った形で、
新たな価値変革が起こるようなサービスを生み出すのに必要なものは価値提供の仕組みの変化です。
言い換えれば、価値提供の仕組みが変わってこそのDXとも言えるでしょう。
その仕組みを変えるために必要な技術は実現したいサービスによって変わってきます。

なぜデジタルトランスフォーメーションが
注目されているのか?

IT技術を含め、技術革新の著しい現代では時間経過とともに
従来のビジネスプロセスでは環境変化への柔軟な対応力
人件費高騰に伴ったコストの拡大、業務属人化など
様々な分野で企業規模に関わらず急激な格差が生まれています。

このような時代では「生産効率UP、処理/提供速度向上、必要経費削減」などの
従来の業務改善のみでは企業は生き残っていけません。

各企業でDXを起こし、人々の価値変革を起こすことで
競争社会で行き詰ったビジネスが未来に繋がります。

アジアクエストのDX