デジタルトランスフォーメーション概要

デジタルトランスフォーメーションとは?

デジタルトランスフォーメーション(Digital transformation:DX)とは、
我々の暮らしやビジネスのスタイルを
デジタル技術によってより良いものへと変えることである

とアジアクエストは考えています。

スマートフォンやインターネットが普及し、オンライン化の進む今日では
24時間365日、人々の生活はデジタルと切り離せなくなっています。

各企業のビジネスモデルにおいて「DXを起こす」ということは
マーケティング効果向上や業務の効率化/経費の削減だけでなく
デジタル技術を用いて、提供価値に変革を起こし
人々の生活そのものを変えてしまうことである

と私達は考えます。

デジタルトランスフォーメーションの定義
デジタルトランスフォーメーション(DX)とは、
2004年にスウェーデンのUmeå University(ウメオ大学)のエリック・ストルターマン教授によって提唱された概念です。
一言で表すと「デジタル技術によって、生活やビジネスのスタイルに価値変革を起こすこと」と言えるでしょう。
一方で、教授は「変革が目的ではない」ことも付け加えています。あくまで人々のより豊かな生活ののために、IT(デジタル)技術を活用して、既存の仕組みを変革(トランスフォーメーション)することが目的であるとしています。
このように、デジタル技術によって既存の価値提供プロセスを書き換えるのがDXですが、
どのようなデジタル技術がDXに必要なのか、は一概には言えません。
それぞれのビジネスモデルに合った形で、
新たな提供価値変革を起こすために必要なデジタル技術が、DXに必要な技術といえます。
言い換えれば、単なる技術導入やカイゼンではなく、
価値提供の仕組みが変わってこそ、DXと言えるでしょう。
つまり、変革のために必要な技術は、変革したい提供サービスに応じて変わってくるのです。
なぜデジタルトランスフォーメーションが
注目されているのか?

デジタルトランスフォーメーション(DX)を言及する記事やレポートでは

しばしば、

「インターネットの特性や関連技術を活用して
新しいビジネスモデルを通じた新しい価値を創出することで
企業が競争に生き残るために取るアクション」

と説明されることがあります。

この文面通りに受け取れば
DXは現代の経済社会において極めて普通のことであり
企業にとって当たり前の活動とも言えます。

時代の変化、技術の変化とともに
人々の価値観もまた、変化していきます。

企業がこれまで追求してきた既存の提供価値を高めることはもちろんですが
価値提供範囲をさらに広げ、時に過去の提供価値を捨て去り
変化に適応した新しい価値を提供しなければ
いつの時代も企業は生き残ることが出来ません。

いわば、現代ビジネスにおける生存競争の中で優位性を維持し
生き残るルールの新しい呼び名。

それがデジタルトランスフォーメーション(DX)なのです。

アジアクエストのDX